冷たいものを冷たく

飲食店に出向くと、いつも温かいものは温かく、冷たいものは冷たくといったようにそれぞれの料理や飲料に最適な温度を保った状態で提供されます。最良の状態に保たれた料理や飲み物は、作られてからその状態が変わらないように即座にサービスされるべきものです。お客様の前にベストな状態で出されるために、その温度調整は細かに的確に行われるべきです。

飲食店の厨房やバックヤードで使用される製氷機や冷蔵庫、給茶機はそれぞれの方法で温度を適切に管理する機器の代表格であり、温めるのではなく冷やす過程には必要不可欠です。製氷機は冷たい氷を大量に作って保持できなければ意味がありませんし、火などの力で冷やすことができない食材を冷却するため、また食材の保存になくてはならないのが冷蔵庫です。

給茶機は温かいものと冷たいものどちらもサーブする能力を持っているものですが、お茶は特に茶葉から成分を抽出するために最適な温度を維持することが必要です。そして、給茶機で冷たいお茶を提供するときに横に製氷機があればそこれほど便利なものはなく、いつでも冷たい状態のお茶を提供できるわけです。

製氷機が氷を作るために必要な低温を保つことができなくなってしまうと何においても氷が使えなくなってしまい、冷蔵庫では冷やし切れない料理を冷やすにも冷たいお茶を出すにも不自由してしまいます。また、冷蔵庫が冷えなくなってしまっては食材の管理ができなくなり、給茶機の温度管理ができなくなってしまうとお茶自体が抽出できなくなるおそれもあるのです。

これらの機器は温度を保つことがメインの機能というわけです。

OUT LINK

アーカイブ

カテゴリー

  • カテゴリーなし